Monday, October 26, 2009

ルイス・バラガン展


"The exhibition of Luis Barragan"
"ルイス・バラガン展"



I went to the exhibition of Luis Barragan in Watari-um museum.
This gold was so cool.
The space of the exhibition is designed by SANAA and they recreated Luis Barragan House in this museum.

You can get more information in Watari-um museum


ワタリウムのルイス・バラガン展に行ってきました。
この金が最高でした。
会場構成はSANAAです。
バラガン邸が再現されています。

Saturday, October 24, 2009

アークティックモンキーズライブ@日本武道館


"Arctic Monkeys live at Budokan"

"アークティックモンキーズライブ@日本武道館"




I went to see Arctic Monkeys live at Budokan on October 19th.

As you know The strokes initiated a new era of rock music, Arctic Monkeys also did that.

So I was really glad to see them. It seemed to be a dream.

I got mobbed because I was in the front row.

Especially from Brianstorm to The View From The Afternoon, the voltage of the audiences was really crazy.


I thought in this live, Alex showed earnestness for the music and audiences.

He said "You play nice, I also..." or "fabulous audience" like communicate with us.

And I felt Arctic Monkeys started to acquire kind of Eros or Energy or something like that.


And I also found one more thing from that live.

I used to like to listen to their up-tempo tunes but this live made me find the fact that low-tempo tunes are also super nice.

When I listened to Humbug using an iPod I thought I preferred 1st and 2nd.

But now Humbug became my precious album and I also found If You Were There,Beware and 505 are really good.


If they come to Tokyo again, I will definitely go to see their live.

Live at Budokan was really fantastic experience.




久しぶりの更新です。

19日にアークティックモンキーズのライブに行ってきました。

ストロークスと同様ロックの新しい可能性を提示してくれたバンドで、生で見られるなんて夢のようでした。

アリーナのEブロック最前列だったので序盤もみくちゃにされている感じで、特にBrianstormからThe View From The Afternoonまでがやばかった。


今回のライブ、アレックスの音楽や観客に対する真摯な姿勢のようなものが表れていたと思います。

”You play nice, I also...” 「君たちいいノリしてるね。じゃ俺も(頑張ろう)」

"fabulous audience"「素晴らしい観客だね。」

などと言って観客とコミュニケートしようとしていたし、演奏も最高だった。このバンドからは何か特別なオーラというかエロスみたいなものが出始めていると感じました。


そしてこのライブの収穫はもう一つあって、僕はアークティックのいわゆる攻撃的な曲が好きだったんですが、今回生で体験して、走ってない曲のよさに気づくことができました。

Humbugもipodで聴いてる段階では「やっぱ1stと2ndだよな」とか思っていたのですが、このライブを体験したことでHumbugが僕の中ですごく大切なアルバムになったし、2ndのIf You Were There,Beware505がものすごく心に響く曲だということにも気づきました。


また日本に来る機会があったら必ず見に行こうと思います。

最高の体験でした。




01.Dance Little Liar

02.Brianstorm

03.This House Is A Circus

04.Still Take You Home

05.The View From The Afternoon

06.Cornerstone

07.Potion Approaching

08.Pretty Visitors

09.Crying Lightning

10.Sketchead

11.I Bet You Look Good On the Dancefloor

12.Dangerous Animals

13.Secret Door

14.My Propeller

15.Red Right Hand

16.Do Me A Favor

17.Fluorescent Adolescent

18.The Jeweller's Hands


E1.If You Were There,Beware

E2.505

Monday, September 21, 2009

村上春樹 / 1Q84


Haruki Murakami / 1Q84

村上春樹 / 1Q84



I just experienced specific feeling that seems to be between real and unreal world after reading Haruki Murakami's latest novel "1Q84".


In this novel, there are a lot of impressive phrases and suggestions. I wrote them down in my notebook and finally the number of them reached ... a lot.



His interview in COURRIER Japon in the 2009 July issue, I found his interesting point of view.


-(Haruki Murakami)- What I think during writing a story and what people think by reading it don't need to be the same. Most of what I write are improvisatory and self-motivated. Even I myself can't explain them. Readers have a right to think that the stories are their own one.



The works of Murakami give us opportunities to think about myself, society and the thing between them.

 

The works of Murakami make us think about another capabilities that could happen in the real world. 

 




村上春樹独特の、読み終わった後の現実と非現実を行ったり来たりするようなもやもやした感じを今、味わっている。

文中には多くの印象的なフレーズや示唆が溢れており、それをノートに書付けながら読んでいたらかなりの量になった。



彼はクーリエジャポン2009年7月号でのインタビューで以下のように述べている。


僕が書くときに思うことと、読者がそれを読んで思うことが一致する必要はありません。僕が書くものの多くは即興的で、自発的なものです。僕自身にも説明がつかない。読者は物語を自分固有のものにする権利を持っています。



村上文学は自分や、社会と対話するきっかけを与えてくれる。


本当はあり得たかもしれない現実を考えさせてくれる。

Saturday, September 19, 2009

AI WEIWEI / ACCORDING TO WHAT?


AI WEIWEI / ACCORDING TO WHAT?




I went to Mori Art Museum in order to see AI WEIWEI exhibition.

It was so fantastic.

The field of contemporary art is getting segmentalized recently and a lot of stuff can be "art" by adequate explanations. 

But I think he is trying to deal with basic but important social problems and essential roles of art.  

His works are conceptual and logical at the same time and he doesn't pretend to be "avant garde" but spontaneously his outputs become what we have never seen.


I hope you go to see this exhibition.


You can get more information in Mori Art Museum.  





久しぶりの更新です。

森美術館にアイウェイウェイ展を見に行きました。

単刀直入にいうとこの展覧会は素晴らしかった。

多くのジャンルに細分化され、その解釈によってアートの領域はどんどん広がっている昨今ですが、彼は非常にストレートに、社会の問題や、アートの役割を追求しているなと感じました。

コンセプチュアルと同時にロジカルでもあるし、変にアヴァンギャルドさを狙っている感じはしませんが、結果として見たことがないアウトプットが立ち現れています。


是非見に行きましょう。


詳細は森美術館

Friday, August 7, 2009

CUT 2009年8月号「破」が教える、エヴァンゲリオンは生き続ける。


"CUT August 2009 no.251 Rebuild of Evangelion 2.0"

"CUT 2009年8月号「破」が教える、エヴァンゲリオンは生き続ける。"





"Switch vol.27 June 2009 Ringo Shiina"
"Switch vol.27 2009年6月号 椎名林檎 音楽家のタブー"


Rebuild of Evangelion 2.0 is featured in the August 2009 CUT.


I bought it because Yoshiyuki Sadamoto drew the cover and its color and taste are so cool.


In this magazine, we can read interviews of Kazuya Tsurumaki,Yoshiyuki Sadamoto, and voice actors.


By the way, the cover of Switch vol.27 June 2009 was also so cool. (Ringo Shiina was featured)


Recently sales of magazines are expected to decrease because of internet or something like that. But I'm sure if a magazine has really good aesthetic quality and information, we are gonna buy it.



エヴァ関連でもう一つ。


8月号のCUTはエヴァ破特集です。


画像では分かりにくいですが、貞本義行の描き下ろしの表紙の質感と色味がかっこ良かったのでジャケ買いしました。


ちなみに中身は鶴巻和哉監督や貞本義行、声優の方々のインタビューが掲載されています。


そういえば椎名林檎が表紙のSwitchも最高にかっこ良かった。


雑誌不況といわれているけど確かな情報と、ものとしてのクオリティが高いレベルにあれば問題なく売れると僕は思います。

Wednesday, August 5, 2009

エヴァンゲリヲン新劇場版:破


"Rebuild of Evangelion:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE"

"エヴァンゲリヲン新劇場版:破"




I went to a cinema to see "Rebuild of Evangelion 2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE" on Saturday.


As everyone knows, Anime and Manga are Japanese contemporary cultures known by people in foreign countries.


At first I would like to explain about one of my favorite manga that is called "Jojo's Bizarre Adventure" written by Hirohiko Araki. I think we can learn how to face life with courage and a lot of guiding philosophy by this manga. I'm sure we should read Jojo instead of a boring book about how to make a good life or something like that.


As I explained about Jojo, in the recent movie of Evangelion, we can simply feel how important will to achieve and compassion for others are.  The time line is approximately same as the last Evangelion but Shinji, Rei and Asuka have changed their mentalities. And also fighting scenes are very exciting. That is very recognizable change and it makes the movie very nice entertainment one.


After seeing this movie, you might take care feeling of others.

I would like to see it again.

Very fantastic movie.





嵐のような忙しさが一段落したので、土曜日に「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見てきました。


皆さんご存知のように、アニメや漫画は日本のお家芸としてもはや海外でも認知されている芸術文化の一つです。


僕は「ジョジョの奇妙な冒険」が大好きなのですが、この漫画を読むだけで人生に立ち向かっていく勇気というか、意気込みというか、意志みたいなものが脳細胞に直撃するわけです。エンターテイメントとしても超一級品ですし、下手な人生哲学書を読むよりジョジョ読めばといった感じです。


前置きが長くなりましたが、今回のエヴァはこのような自分の意志を貫く心意気とか人に対する思いやり等が非常にわかりやすく描かれており、脳細胞に直撃しやすい仕上がりになっています。時間軸は旧作とほぼ同じなのですが、(旧作後の世界ではないかとの読みもありますが)シンジ、レイ、アスカの成長したメンタリティが一番の見所だと思います。そしてド迫力の戦闘シーンも見ていて楽しいです。


エヴァンゲリオンはなんだかよく分からないという人も単純に楽しめますし、この映画を見終わった後、人に優しく、自分に厳しく、ほんのちょっとでもなると思います。


久しぶりにもう一度見たいと思う映画でした。

Saturday, July 18, 2009

Arctic Monkeys cover The Strokes

video

"Arctic Monkeys / Take it or leave it"




I found a movie in which Arctic Monkeys cover "Take it or leave it" of The Strokes.



アークティックモンキーズ関連でもう一つ。

彼らがストロークスのtake it or leave itをカバーしている動画です。

ちなみに本物はこちら。



video

"The Strokes / Take it or leave it"




By comparison, this is The Strokes. 

As for this song, I prefer The Strokes version.

I think what makes The Strokes impressive is kind of oppression and Arctic Monkeys don't have it.


But I think this difference is very interesting because Arctic Monkeys said that they were infected by The Strokes.

They were infected but they found own style.

That's why.



この曲に関してはやはりストロークスの方が好きですね。

アークティックモンキーズには気だるさがないからちょっとストロークスの曲には合ってないと思います。


しかしアークティックモンキーズはストロークスのガレージロックリバイバルの影響(だけではないようですが)を受けて出てきたバンドですが、このテイストの違いが生まれていることが意味があることなんだなぁとふと思いました。

影響されてそれを変化させてという循環で新しいものは生まれてくるという当たり前なことを考えてしまいました。


The movie by YouTube

Tuesday, July 14, 2009

Arctic Monkeys is coming to Tokyo

video

"Arctic Monkeys / When the sun goes down

 at Glastonbury Festival 2007"




Arctic Monkeys is gonna release a new album "Humbug" on August 24th.


And They are coming to Tokyo and having a gig at the Budokan on October 19th.


I hope it's gonna be like Glastonbury Festival 2007.


The movie is from YouTube.




アークティックモンキーズが3rdアルバムHumbugを8/24にリリースします。


そして10/19に武道館でライブやるらしいです。


2007年のグラストンベリーみたいな盛り上がりになるといいですね。

Sunday, July 5, 2009

万華鏡の視覚



"THE KALEIDOSCOPIC EYE"

"万華鏡の視覚"



I went to see THE KALEIDOSCOPIC EYE EXHIBITION in Mori Art Museum.


The subject of the exhibition is to change human perception but I think it is also one of purposes of art. So I felt the exhibition is not only about human perception but about basic contemporary art. 


I think this kind of exhibition tends to be conceptual but John M. Armleder used six mirror balls to make space that I haven't ever seen. It's called "Global Dome Ⅻ". I'm really interested in it and it's incredibly beautiful. 


And "Untitled" by HEIMO ZOBERNIG is also interesting. He reinterpreted Piet Mondrian's work and I think nobody has done it yet because everybody thought whoever could have done it and it was not so interesting.


"Isn't it new because the coloration and triangle are different from Mondrian's one?" This claim is sort of contemporary. And I lean to feel it's new because I feel he claims like that at the bottom of his heart.



Claims and intentions of artists can change what we feel from art works.




だいぶ前ですが森美術館の万華鏡の視覚展に行きました。


人間の知覚や概念を揺さぶるということが本展覧会の目的ですが、それは同時にアートの目的の一つだと思うので、様々なアプローチの現代アートまとめました展という感じでもありました。


えてしてコンセプチュアルになりがちですが、ジョン・M・アームレーダーの「グローバル・ドームXII」は、誰もが知っているミラーボールを使って見たことがない現象を発生させているという点で興味深い作品でした。そして単純に美しい。


あと知覚とは関係ありませんが、ハイモ・ツォーバニックの「無題」。モンドリアンを再解釈するという、ありがちすぎて誰もやらないことをやっていた点がなんだか潔すぎて心に残っています。なんとも見たことあるようでない感覚が生まれています。


配色変えて三角形にすりゃ新しいんじゃん?というなんとも現代っぽいアプローチですが、本人がこれがいいんです、と心の底から主張していることの強さによって、ありに見えてくるわけです。



作者がどんな意志を込めるかでその作品の生命感は変わります。